〜灯芸大学について〜

 「灯芸」とは、「あかりアート」を意味する造語です。「陶芸」が日常の暮らしに根付いているように、「灯り」は私たちの心や暮らしを豊かなものにしてくれます。
 
 ここでご紹介している灯り(写真上)は、プロのアーチストが作ったものではありません。照明塾の生徒さんの手作り作品です。でも、初めてご覧になる方は「こんな複雑な立体作品は、難しくて私たちには作れない。」と思われるでしょう。生徒さんたちも最初はそうでした。ところが1年もすれば、このような素晴らしい作品を次々と作られるのです。
 
 その秘密は、照明塾独自の「TJ法」にあります。簡単に説明すると、「考えてから作る」のではなく、「作りながら考える」という方法です。この「TJ法」なら、上手な絵も正確な図面も全く必要ありません。
 
 「灯芸大学」では、一般講座のように初級からではなく、いきなり自由創作から始めます。難しそうに思われるでしょうが、実はこの方が上達が早いのです。そして自分で考える力が身につきます。よく認知症予防にいいと言われますが、確かに手だけでなく、頭もかなり使います。

 生徒さんたちは、次々といろんな作品を生み出していますので、ぜひ、照明塾のブログやSNSをご覧になって参考になさってください。そして、やってみようと思われたら、ぜひ、「灯芸大学」に入学してください。お待ちしています。                 「照明塾」塾長  橋田裕司
 
※今大津で開催している「大津灯芸大学」は、「灯りでまちづくり」がテーマです。生徒さんたちが作った灯りは、大津のまちづくりにも活かされます。修了後には「大津あかり座」を結成して新たな活動も予定しています。このような活動は、他の地域でも導入可能です。灯りづくりは、作る楽しみだけでなく、いろんな地域の課題解決にも役立ちます。
 
※灯芸大学は、大阪、大津以外に有馬温泉「工作バー」でも受講生受付中です。講座日は毎週木曜日。見学自由です。リタイア後の新たな人生の楽しみを捜している方歓迎です。

灯芸大学PDFデータダウンロード

大津灯芸大学で制作途中のペンギンの親子。高さ50センチほどの大作。これが第1作目の作品です。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

■入学随時(見学希望の方はお知らせください)
■修了期間:特に期間は定めませんが、18回の受講で 「講師養成コース」の受講資格が得られます。
■開催日:大阪・東淀川教室:毎週火曜日 10:00〜12:00  13:00〜15:00(2講座連続受講可)
     有馬・工作バー :毎週木曜日 10:30〜12:30   13:30〜15:30(2講座連続受講可)
     
※滋賀県大津でも開催しています。場所は、まちなか交流館「ゆうゆうかん」です。受講料等の費用は照明塾の内容とは異なりますので、ゆうゆう館にお問い合わせください。
 
入学金:3,000円(税別)  
授業料:1回3,000円(税別)(3枚チケット9,000円(税別)。18回分全納の場合は4,000円お得な50,000円(税別))■材料、道具代実費 
 
講師:照明塾塾長/橋田裕司 (プロフィールはここをクリック)
講座内容:針金をハンダ付けしてフレームを組み、そこに和紙を張って作る作品の制作技術を学びます。灯芸大学では最初から作りたい作品にチャレンジします。また、出来た作品の電気本体が自分で安全に作れるようにもご指導いたします。
入学希望やご質問は [こちらのフォーム]からご連絡ください。