おおさかカンヴァス2015
審査員特別賞受賞作品
「街角の電気スタンド」

NHK Eテレ
「天才テレビくん」出演

<ご挨拶>
  この度は照明塾の「講師養成講座」に関心を持って頂き有難うございます。照明塾は1992年に創設。1996年から本格的に「手作り照明教室」を始めました。当時、一般の人があかりを自分で作るという発想はなく、照明器具は電気屋さんで買うものというのが当たり前でした。
 当然のごとく、電気屋さんに行っても売っているのは「明るい」とか「省エネ」とか「価格が安い」など効率や経済面重視で、「心癒すあかり」というのは売られていませんでした。(それは今も変わっていません)
 もちろん、私たちの暮らしに「明るい照明」は必要です。しかし、それと同じくらい「心癒すほのかなあかり」も必要です。私たちは、朝昼夜という光の変化の中で暮らしています。夜には心と身体を休める光が必要なのです。
それが、照明塾の提唱する「心癒すあかり〜ライトテラピー」です。
 
 でも、それはどうすれば手に入るのでしょう。電気屋さんには売ってないし・・。それなら、自分で作ればいい!・・・。でも、どうやって???作り方が分からないし、燃えたら困る・・・。
 
 そうなんです。照明塾が「手作り照明教室」を始めるまで、安全にあかり作りが楽しめる方法はなかったのです。おそらく私の著書「あかりのレシピ」が、そのノウハウをまとめた最初の本でしょう。この本ができたのは、私が照明メーカーで長年培ってきたデザインや技術があったからに他なりません。
この「講師養成講座」では、そんなノウハウが詰まった「暮らしに役立つあかり作り」が学べます。 
 「講師養成講座」は、もちろん照明塾の講師になることを目指す講座ですが、講師ではなく「あかり作家」を目指したいという方や、インテリアコーディネーター建築士といった空間設計のプロの方にも役立つ内容です。ほかに、ヨガアロマカラーといった「癒し」をテーマにお仕事されている方のスキルアップにもなります。
 
 手作りのあかりの世界は、これからその必要性が認知される時代になると思います。ご一緒に、新しいあかりの世界を切り開いていきませんか。
 
照明塾塾長 橋田裕司

エバラこどもクリニック
点滴室のあかり
天井に模様が映ります。

講師養成講座 概要

■講師養成講座は、全36回です。・・・<受講料等><カリキュラム>
■開催場所は、大阪です。・・・・<開催場所>
 
照明塾講師のランクは3段階(3級→2級→1級)です。
本講座修了後に3級講師の受験資格を得ます。試験に合格すると「講師3級」となり、初級作品の指導ができます。次に、一定の経験を積み「講師2級」試験に合格すると、中級作品〜中級レベルの自由創作の指導ができるようになります。さらに技術を磨き、その技量が認められると「講師1級」となり、上級の指導ができます。
講師1級取得者の中で特に優秀と認められる人は、「講師養成講座」の開催が認められる「師範」となります。
以下の[Q&A]も参考にしてください。

A:講座を修了すると受験資格が与えられます。講師になるにはその試験に合格する必要があります。まず最初は3級の試験にチャレンジしてください。
なお、講座修了時点で講師試験に合格していなくても「プチ体験」の講習は可能です。積極的に講座を開催して指導技術を身につけてください。

A:作る作品に関しては、一般の講座と同じもの(初級〜中級)を作るので、すでに講座を受講されている方は「同じものを作らなくても・・・」と考える方がおられると思います。しかし、一度作っていてもそれを教えるとなるとまた違うノウハウが必要です。端的な例で言いますと、和紙風船ライトは和紙漉きをして風船に貼って作る作品ですが、原料作りは講師がやっています。それができなければ教室で教えることはできません。つまり、教えるためのノウハウを学ぶのが「講師養成講座」です。
ただ、そのノウハウを学んでも、実戦で経験(いろんな失敗)を積まないと一人前の講師にはなれないのが現実です。講師養成講座を始めた頃はしっかりとした技術と知識を身につけてから活動を始めてもらうというやり方でしたが、それでは失敗の経験を積むことができません。そこで最近は、最低限のことができるようになったら講師(3級)として実践の場で経験を積んでいただく方向に変えました。その方が早く身につくようです。

A:講師になっても教える場所がなければ活動が制限されますので、アトリエがあるに越したことはないのですが、カルチャー教室での開催や出張教室などで講習の場は作れます。場所を借りるなら公的な施設を利用すると費用も安く抑えられます。

A:大丈夫です。ほとんどの方がそこからのスタートです。不安であれば、まず一般の講座を受講されて様子を確認してから申し込まれたら良いかと思います。ただ、講座募集の時期は限られているので、受講したくても募集時期が過ぎていたら次の募集までお待ちいただくことになります。

作家活動を続けるためにも「講師」になっておくとビジネスチャンスが広がりますので役にたつと思います。もちろん講座内では照明器具の安全な作り方も学びます。ただ、照明器具の販売には「電気用品安全法」という法律がありますので簡単ではありません。照明塾では検査機器なども揃えておりますのでオリジナル作品の販売を行っています。あと、一般の方はご存じないかもしれませんが、照明器具を作る上でのJIS規格というものがあります。電気的なことだけが必要なのではなくて構造的なこともしっかり勉強しておかないと責任あるものづくりはできません。最近、照明器具による火災等も起こっています。あくまでも電気製品であることを忘れないようにしてください。

もう一つの可能性は、電池式のあかりの販売です。照明塾では「和ランタン」という総称で幾つかのあかりを販売していますが、ギフトとしても最適なので通販等で販売を伸ばしています。電池式は100v電源ではないので、電気用品安全法による照明器具ではありません。つまり対象外です。
ただ販売となると、この法律以外に製造物責任法というのもあるので保険(いわゆるPL保険)に入っておく必要があります。
A:お仕事としては、カルチャー教室から講師派遣の依頼が来た場合や、出張講座を依頼された時にお願いすることがあります。ただ常時このようなことがあるわけではありませんので、基本的には講師自身の営業努力によって収益を上げていただくということになります。
現講師の皆さんも、いろんな試行錯誤を繰り返してこれまでやってこられましたので、いろんな苦労話があると思います。ビジネスとなるとまた別のノウハウが必要ですので・・・。

手作りのあかりの良さは、まず現物を見ていただくことが一番です。そのためにはいろんな機会を見つけて展覧会を開催することです。また、照明塾の社会貢献活動である「あかりバンク」に取り組むことで、評価も上がり、認知度アップにつながります。時間はかかるかもしれませんが、信念を持って前に進むことがビジネスへの近道です。
A:遠方の方は時間と費用負担が大きいので、なかなか受講していただけないので申し訳なく思っています。これまで、高知の方が大阪まで通われて講師になり、現在教室を開いておられますが、いろんな条件が整わないと難しいですね。通信講座は何度も検討しましたが、講座の性格上難しいと思います。

ただ、最近子供たちの絵をあかりにする「らくがきライト」を事業化したいと考えているのですが、「らくがきライト」なら平面作品なので、まだ通信講座の可能性があるのではと考えています。
「あかりバンク」の活動の柱として、子供たちが絵を描き、大人たちが作り、病院の子供たちへ届ける・・・・ということをしたいので、その指導者は増やしたいと思っています。

受講料等について  

ご入会案内
作品概要のページ
入会問い合わせフォーム

講師養成講座
東淀川教室(内容は開催教室によって多少異なる場合があります。)
 
入学金 10,000円
(一般会員からの受講の場合 7,000円)
 
受講料

135,000円

(分納制 各学期ごとに前納)

テキスト代

10,000円

道具

和紙漉きセット、ハンダゴテ、コテ台、ハンダ、フラックス、曲げ用パイプ、くいきり、
道具は教室で販売・・・11,050円
※ラジオペンチは各自調達

材料費

実費

作品ページをご覧下さい

資料

あかりのレシピ(1,728円)、あかりのレシピ2(1,728円)

お申し込み方法

お申し込みはファクス(06-6328-9934)か「入会問い合わせフォーム」をご利用ください、こちらから折り返しご連絡を差し上げます。

ご入学手続きは講座開始日10日前までお願いします。手続きは入学金と受講料前納分(学期ごと)の入金確認をもって完了といたします。費用は直接ご持参いただくか所定の銀行口座にお振り込みください。

道具代、材料費等は初回講座日にご持参ください。(材料費は都度徴収)

<入会金・受講料等について>

入会金、受講料については基本的に返金は致しかねますのでご承知おきください。

材料費等、諸事情により予告なく価格を変更することがあります。表示金額はすべて税込み総額表示です

  • カリキュラム概要(内容については予告なく変更される場合がありますのでご承知おきください)

作品概要のページ

東淀川教室カリキュラム (2018年3月改訂 

1st(1学期)

2st(2学期)

3st(3学期)

1 ハートキャンドル+ハンダの基礎

13 月のあかり

25 本体加工の基礎

2 モミジのあかり(ナイトライト)

14 月のあかり

26 立体自由作品(修了作品)

3 サクラのあかり(ナイトライト)

15 月のあかり

27 立体自由作品

4 花あかり

16 TJ法について+デザインの方法

28 立体自由作品

5 花あかり

17  和紙の基本+染め

29  立体自由作品

6 木の葉ライト

18 犬のナイトライト1

30 和紙漉き原料作り

7 カボチャ1  フレーム

19 犬のナイトライト2

31 和紙風船ライト

8 カボチャ2  和紙張り

20 犬のナイトライト3

32 和紙漉き作品の研究

9 四角い行灯

21 犬のナイトライト4

33 安全の基本

10 四角い行灯

22 くるくるライト

34 オリジナル教材研究

11 ナイトライト 平面自由作品1

23 フェルトネコ

35 オリジナル教材研究

12 ナイトライト 平面自由作品2

24 フェルトの基礎+フェルト小作品

36 ライトテラピー

1.st修了で、紅葉、桜のプチ体験講座が開催ができます。

 

3.st修了で「講師3級」試験の受験資格を得ます。

 アシスタント研修・・・講師を目指す方は塾長、師範、先輩講師のもとでアシスタント研修をする事をお勧めします。現場でしか分からない事、経験できない事が沢山あります。


入会問い合わせフォーム